キースな普段着

時代に流されず、ブレる事無く。その事をテーマに、ゆっくりと物づくりをしています。そう、何があってもいつの時代になっても、人の心を動かすrock'n rollのように。

            今までにラフなシャツは何度か作ったことがあり、




                元々シャツを着ることもあまりなく




                                                シャツを作ることに何が見いだされるのか



b−204




                                             あまり深入りせず、今回はお試しでオーダーにて



                                                       着用して何か感じることが出来れば













                                                        Vネック、ボートネックが続いていて、


                                                                

                                                                  久しぶりのクルーネック


b-203


                                                                   どのように活躍するか



                                                                              楽しみです
     



                                                    







                  昭和のあのドラマのあのビル






b−202





            取り壊しが決まっていて、とうとう工事が始まってしまった





          前を通る度に上がれなくなってしまった屋上に思いを馳せていて




b-202-2






                                                     東京ってこれから先、何を残せるのだろう




                                                                 残せるのが思い出なのか

                   


                                                                残らないのが思い出なのか







ファッションランキング

↑このページのトップヘ